月別アーカイブ: 2月 2018

オンラインカジノの遊び方

ジパングカジノ

オンラインカジノの絶対王者 ジパングカジノ

オンラインカジノのサイトは「数千」におよぶとされています。当然ながら、運営している業者も「かなりの数」になるのです。これらの業者は「玉石混交」であるとされており、「優良」な業者があるかと思えば、「悪質」な詐欺業者も存在しています。これからオンラインカジノを始めようとするならば、なるべく評判の良いカジノサイトを選ばなければなりません。オススメとなるのが「ジパングカジノ」です。フィリピンに運営業者が存在するのですが、ライセンスをきっちりと所有していますから安心です。また多くの日本人プレイヤーが「ジパングカジノ」を支持しています。その理由として「手厚いサポート」を挙げることができます。次の項目で詳しく説明しましょう。

サポート体制について

「ジパングカジノ」では、24時間体制となる「手厚いサポート」をアピールポイントとしています。これを実現するために、「日本人スタッフ」を24時間常駐させているのです。少々コストがかかっても、日本人プレイヤーを大切にする姿勢に好感が持てます。「サポート」への連絡は「チャット・Eメール・電話」を利用すればOKです。日本語で連絡を取れますから、大変助かるでしょう?

安心の日本語サポート

お得なプロモーションボーナス

プレイヤーの「意欲喚起(いよくかんき)」が目的で「プロモーション」がおこなわれます。「ジパングカジノ」では「大盤振る舞い」な「プロモーションボーナス」を用意していますから楽しみです。一般的な「初回入金ボーナス」だけではなく、「マンスリーボーナス」や「還元ボーナス」などのさまざまな「ボーナス」が用意されています。特別ボーナスは「プロモーションメール」によって知らされますから、見逃さずに活用してください。

勝利者の声について

公式ホームページでは「勝利者の声」が寄せられています。抜粋しましょう。カジノゲーム「デザート・トレジャー」で15000ドルを獲得した人の声です。ちなみに、ゲームを開始してからどれぐらいの時間で獲得されたと思いますか?その答は「わずか1時間弱」だそうです。当たるときはこのようなものなのでしょう。「少ない資金」で「短時間」に大儲けが可能となるのがオンラインカジノなのです。なかでも「ジパングカジノ」にはさまざまな「チャンス」が用意されています。「サポート体制」も充実していますから、カジノ初心者にオススメです。

ビギナーズボーナス

ブラウザだけあれば遊べる ベラジョンカジノ

2011年に設立された「ベラジョンカジノ」は「あっという間」にトップクラスへ上り詰めました。人気の秘密は「サポートのよさ」と「豊富なゲーム数」にあります。ライセンスはマルタ共和国発行であり、高いクオリティを誇っているのです。モバイル端末に対応していますから、手軽に楽しめます。

日本語サポートについて

「メール・チャット」で「サポート」をおこなっています。対応時間は(12時~24時)ですから、忘れないようにしてください。また日本語サポートは「メール」を利用してください。

豊富なゲーム数を誇るカジノ

「ベラジョンカジノ」では「15」にもおよぶ「ゲーミングソフトウェア」を採用しています。これだけの数を採用しているカジノサイトは他に見当たりません。そのために「800以上」のゲーム総数となりますから、飽きることなく遊べます。それから、「ゲーム」に性格があるのをご存じでしょうか?「ソフトウェア」ごとに「ゲーム性」の違いがありますから、「変化」を楽しむのも一興(いっきょう)です。

入出金手段

入出金手段について

カジノを楽しむには「入金手段」を確立させなければなりません。「ベラジョンカジノ」では「クレジットカード・エコペイズ・アイウォレット・ビットコイン」を選べます。なかでも「クレジットカード」はお手軽な手段として好まれます。国際ブランドの「クレジットカード」をお持ちならば、「あっという間に」入金を完了できます。
また、払い戻しについては残念ながら「クレジットカード」は「出金」に利用できません。オススメの手段は「電子決済サービス」です。「エコペイズ・アイウォレット」を利用すれば、安全に海外の業者と決済できます。「ベラジョンカジノ」へ「アカウント登録」を済ませたならば、なるべく早く「電子決済口座」を開設しましょう。この「口座」を利用すれば、「入出金」を一元に管理できますから、非常に便利となります。

自己規制システム

依存症を防止する自己規制システム

近年問題になっているのが「ギャンブル依存症」の問題です。「ベラジョンカジノ」では、こうした問題を解決するために、「自己規制システム」を採用しています。この「システム」は、ご自身であらかじめ「ギャンブルの時間や金額」を設定できるものです。これらの設定をオーバーしたならば、警告とともに「ログアウト状態」となります。「ギャンブル依存症」を不安に思うならば、このような「システム」を活用してはいかがでしょうか?