オンカジとインカジの比較

オンラインカジノとインカジ

インカジという言葉を聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか。
インカジは、インターネットカジノの略で、ネットカフェのような店内で、端末でオンラインカジノが出来るという場所になります。

インカジは、首都圏などの繁華街の雑居ビルなどの一室にあり、摘発が相次いでいることでも知られています。2006年に初めて国内で、インカジが摘発されて、話題となりました。
オンラインカジノを提供しているサービスのインカジですが、なぜ摘発・逮捕の対象となってしまうのでしょうか。

インカジは違法

インカジが違法となってしまうその理由ですが、インカジはオンラインカジノを店内で提供していて、さらに金銭の精算もお店で行っています
賭博を行う場所を提供していたり、また賭博で収入を得ている場合、賭博罪となってしまいます。
インカジは国内に胴元がある上、暴力団が絡んでいるいうこともあり、逮捕されてしまうリスクはかなり高いので、近寄らないことが大切です。

自宅で遊ぶオンラインカジノは安全?

一方で、自宅で気軽に参加できるオンラインカジノの存在があります。
インカジに訪れなくても、実は自分のパソコンから、オンラインカジノに参加をして、いつでも遊ぶことは可能となっています。

インカジが違法なら、オンラインカジノも違法なのではないかと思いがちです。しかし、実はそうではありません。
オンラインカジノに関しては、海外の業者が運営をしていて、さらに海外で合法的に運営されています。
このため、オンラインカジノ業者そのものが違法行為を行っているわけではありません。

また、個人がパソコンでプレイをする場合、海外の現金決済サービスを介して現金の入出金も行いますし、その資金の流れや、サーバーの場所も海外で、複雑になっています。
このため、警察がこれを取り締まることは極めて難しいですし、海外では合法とされているので、違法性を立証することも困難です。

オンラインカジノは勝ちやすいかどうか実際はどう?

オンラインカジノは、ペイアウト率が非常に高く、勝ちやすいギャンブルといわれていますが、実際はどうなのでしょうか。
ギャンブルを始める上で、勝てる可能性が高いかどうかは大変気になる部分です。オンラインカジノは、ペイアウト率は、約95%以上と、とても高い率を誇っています。
他のギャンブルよりも、比較すると高いので、勝ちやすいと思われがちです。しかし、期待しすぎると、大きく負けてしまう可能性もあります。オンラインカジノは、あくまでもギャンブルですので、実際に勝ちやすいかどうかはやってみないと分からない面もあります。

オンラインカジノのペイアウト率は個人のプレイヤーに関係がない

オンラインカジノは、確かにペイアウト率が高いギャンブルとなっています。
しかし、ペイアウト率の高さは事実ですが、個人のプレイヤーのペイアウト率ではありません。あくまでも、ゲームのペイアウト率が95%であり、個人のプレイヤーによっては、ペイアウト率が30%を下回ってしまうこともあります。

これは、ギャンブルというのは、ハウスエッジを差し引いた分が取り分として、プレイヤーへと還元されるわけですが、その分は、プレイヤーとの奪い合いになります。
大勝ちしている人もいれば、大負けしている人もいますし、それが続くとも限りません。つまり、実際に勝ちやすいかどうかは、プレイヤーによるのです。

100%以上のペイアウトにはけしてならないこと

オンラインカジノをやる上で知っておきたいのが、100%以上のペイアウト率にはけしてならないということです。

オンラインカジノは、ペイアウト率が常に95%程度ということで、胴元が儲かることになっています。
短期的にみれば、勝ったり負けたりすることもあります。しかし、長期的に見れば、必ず損をしてしまうことになっています。
このため、必ず勝てるだとか儲かるという期待を抱かない方が無難です。

オンラインカジノのデメリット

また、オンラインカジノは、パチンコやスロットと比較すると、手続きが煩雑で、入出金が面倒であるというデメリットがあります。
日本語サポートが充実しているカジノも増えてきたものの、まだまだトラブルも多く、サポートにその都度英語で問い合わせなければならないケースもあります。
こういった事情から、オンラインカジノは、気軽さという面で、問題点をいくつか抱えているといえるでしょう。

インカジはデメリットしかない

このように、オンラインカジノとインカジは、混同されがちですが、実は違いがいくつもあります。インカジは、このように、逮捕されてしまうリスクが高く、また公平性や安全性も定かではありません。
お店によっては、不正やイカサマが日常的に行われていますし、プレイヤーが勝てることは少ないです。
街でキャッチを見かけたとしても、ついていかないようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です