摘発されるのにはそれなりの理由がある

インカジというカジノカフェの存在

自宅で接続して海外のオンラインカジノで楽しむのは問題ないと考えられており、日本人のプレイヤーも増えていると言われています。
しかし、今社会問題となっているのが「インカジ」の存在です。

インカジとはどういうものなのかというと、首都圏の歓楽街などを中心に見られる、カジノカフェをいいます。
これは、違法にオンラインカジノを提供しているネットカフェのような店内のようなお店で、雑居ビルでひっそりと運営されています。
オンラインカジノそのものはグレーゾーン的な存在なのですが、このインカジの摘発が相次いでおり、社会問題化しているのです。

そこで、インカジの摘発や逮捕について具体的なところを見ていきましょう。

インカジ摘発のニュースについて

インカジについての摘発のニュースが初めて流れたのは、2006年のことです。
そしてそれから相次いでインカジの摘発が続いている状態です。

海外で開設されたオンラインカジノを違法に提供していた、京都のインターネットカフェ「ゴールドラッシュ」の店員2名が逮捕されるというニュースで当時話題となりました。
なぜなら、海外のオンラインカジノを使って、店内でインカジを提供していたこのお店が逮捕されたのが、日本で初めてだったのです。

こういったお店は国内では違法となり、だれしもが手軽に参加できるという点に問題があります。
また、インカジは、暴力団の新たな資金源になっているという可能性もあり、その点でも問題があります。

インカジが問題となり逮捕の対象となった理由とは?

インカジがこのように問題となり、逮捕の対象となってしまった理由ですが、いくつか理由があります。
まず、インカジについては「オンラインカジノを悪用」という形で逮捕されました。
常習賭博容疑ということで逮捕される形になったのですが、海外サイトの摘発までは行っていないというのがポイントです。
つまり、海外のオンラインカジノを利用していても、国内で精算が成立していれば賭博罪になってしまうということをこの事件では示しています。

海外のオンラインカジノで遊ぶ場合、海外のサーバーで海外の業者が運営をしているため、これを取り締まることはできません。
しかし、国内で現金のやりとりが行われているということは、客に賭博の場所を提供しているということになってしまいます。
このため、インカジは摘発の対象となってしまうのです。

今回の摘発は、オンラインカジノ業者と、プレイヤーを仲介するような違法な国内業者がいたということで、逮捕に至ったというわけなのです。

オンラインカジノそのものは違法?

インカジが摘発されてしまったことをうけて、「オンラインカジノはリスクが高いのか」と感じるプレイヤーもいます。
しかし、実際のところはそういったことはありません。

インカジはあくまでも、海外のオンラインカジノを違法に提供しているということで、国内の業者が逮捕された事件となります。
インカジは、現金の精算が店内で行われており、そしてカジノの賭博場が国内に存在することになってしまいます。
このため、取締の対象となってしまい、違法性が高いものとなります。

一方で自宅でオンラインカジノで遊ぶ分にはリスクが全く無いというわけではありませんが、逮捕されてしまうリスクは限りなく低いです。
実際にプレイヤーがそれで処罰されてしまったケースは一つもありません。
これはなぜかというと、オンラインカジノは海外の業者が各国のライセンスを取得しており、合法的に運営されているものだからです。
これを日本の法律だけで裁くことはできず、違法とすることは非常に難しいです。

専門家の間でも意見は分かれている状態ですが、オンラインカジノはグレーゾーンという形で、違法でもなければ合法でもないというのが一般的な意見です。

インカジでプレイをすると逮捕されるのか

そこで、オンラインカジノのプレイヤーは問題ないですが、インカジでプレイをすると逮捕されてしまうのでしょうか。
インカジノ店員が逮捕されてしまった事件がありましたが、実はインカジでプレイをしていたプレイヤーも逮捕の対象となってしまいます。

インカジは違法性が高く、キャッチなどで呼び込みを行っています。
これについていってしまい、カジノがありますよという声に惹かれて、若者やサラリーマンが足を踏み入れてしまうケースがあります。
しかし、インカジはれっきとした賭博であり、違法な営業形態です。
このため、警察が足を踏み入れれば、即座にその場所にいた全員が逮捕の対象となってしまう恐れがあります。
ですので、けして近寄らないようにしましょう。

インカジとオンラインカジノは違う

このように、インカジノ摘発が相次いでいるので、インカジ=オンラインカジノという図式でイメージする方もいますが、実はまったく別のものです。
しかし、このあたりは報道で説明されることはないので、誤解をしている人もいます。
しっかりと把握しておくようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です